戦後短歌論 - 杉浦明平

戦後短歌論 杉浦明平

Add: gikodavy82 - Date: 2020-12-12 21:38:03 - Views: 2371 - Clicks: 9849

DOORSは同志社大学の学術情報検索システムの名称です。蔵書を検索して、資料の所在や利用状況を知ることができます。DOGS Plus、学術リポジトリ、同志社女子大学、CiNii Books、CiNii Articles、NDLサーチを検索することもできます。. 3 Description: 315p ; 20cm Authors: 杉浦, 明平 Catalog. 2 Book 現代短歌全集 :. 寺田, 透「杉浦明平著「作家論」」『近代文学』第7巻第6号、近代文学社、1952年6月。 3. 杉浦 明平(すぎうら みんぺい、1913年(大正2年)6月9日 - 年(平成13年)3月14日)は、日本の小説家、評論家。.

篠弘『現代短歌史Ⅰ』第6章・戦前歌人たちの「戦後」 〈坪野哲久と前川佐美雄〉 前川佐美雄は、戦時中に戦争讃歌をつくり、戦後は批判された。 杉浦明平は「筏井嘉一論」で前川佐美雄を引き合いに出す。. 新・古典文学論 / 杉浦明平著 Format: Book Reading of Title: シン コテン ブンガクロン Language: Japanese Published: 東京 : 創樹社, 1974. 若杉美智子、鳥羽耕史、別所興一『杉浦明平を読む』風媒社、年。 8. 学生時代から友人たちに「ミンペイ」「ミンペイさん」などと呼ばれていたが、没後も「みんぺーさん」という表記が見られ愛称として定着している。 第一高等学校入学後の1931年(昭和6年)、土屋文明を訪ね、短歌雑誌アララギに入会し、約5年作歌した。アララギの歌人としての代表作に、野坂参三を歌った「延安に憧れたりしは四年前か帰り来し人の記事ぞ身にしむ」がある。1950年(昭和25年)に自費出版した『暗い夜の記念に』は戦後初めての日本浪曼派批判の書といえる。後、文学評論、短歌論、作家論、記録文学、歴史小説、ルネッサンス文学の研究、イタリヤ童話の翻訳、何れの分野も文学史に残る作品を残し、同時に、被差別部落問題、狭山事件、ハンセン病など社会の問題にも幅広く行動を起している。 書籍やレコードの蒐集家としても知られ、蔵書数は3万冊以上ともいわれるが、杉浦本人も正確には把握できないほど膨大であり、自宅前のコンクリート造りの書庫に保管していた。蔵書とレコードは自身で分類カードを作成し、検索が可能なように机の引き出しに入れていたという。 杉浦文学の全体像をとらえた「杉浦明平論」としては、『杉浦明平論:定点を生きる』(平野栄久著、オリジン出版センター、1989年)、『杉浦明平を読む』(風媒社、年)、『明平さんのいる風景:杉浦明平生前追想集』(風媒社、1999年)がある。 1.

愛知評論家,小説家。第一高等学校を経て 1936年東京大学国文学科卒業。在学中『帝大新聞』の編集に従い,かたわら立原道造,寺田透らと同人誌『未成年』を創刊。土屋文明に師事して作歌を. 杉浦 明平誕生年6月9日 日本 愛知県渥美郡福江村(現田原市折立町)死没年3月14日(87歳没) 日本 愛知県墓地愛知県田原市の共同墓地言語日本語国籍日本最終学歴東京帝国大学文学部国文学科文学活動新日本文学会主な受賞歴第26回毎日出版文化賞文学・芸術部門(1972. 愛知県 渥美郡福江村(現在の田原市折立町)で、小地主兼雑貨商の長男として生まれる。. ^ a b c 杉浦明平の眼, p. 戦後文学の思想 種類: 図書 責任表示: 高橋和巳編集・解説 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1969.

歌い来しかた : わが短歌戦後史 / 近藤芳美著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ウタイ コシカタ : ワガ タンカ センゴシ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1986. See full list on wpedia. 杉浦明平や近藤芳美の論がアララギを活気づけた。 今日はここまで。 2日目。「斎藤茂吉と土屋文明」。前回のところで、文明がアララギ再建に尽くし選歌もやった、茂吉はその力が残っていなかったがしかし作歌はしていた、と書いてあったがその詳細。. 8 請求記号: kh566-j95 書誌id:. ^ 明平さんのいる風景 1999, p. Pontaポイント使えます! | 戦後短歌論 | 杉浦明平 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 杉浦 明平(すぎうら みんぺい、1913年 6月9日 - 年 3月14日)は、日本の小説家、評論家。.

玉井五一、はらてつし『明平さんのいる風景:杉浦明平生前追悼集』風媒社、1999年。 4. 10 形態: 208,9p ; 22cm 著者名: 杉浦, 明平 シリーズ名: 近代文藝評論叢書 ; 12 書誌id: bnisbn:. 平野, 栄久『杉浦明平論:定点を生きる』オリジン出版センター、1989年。 丸山, 眞男『丸山眞男集』5、岩波書店、1995年。 玉井五一、はらてつし『明平さんのいる風景:杉浦明平生前追悼集』風媒社、1999年。.

杉浦明平集 - 杉浦明平 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. ^ 「広報あつみ」1994年5月号、p3-p4 ^ 『中日新聞』1994年4月26日 ^ 明平さんのいる風景 1999, p. 杉浦明平著: 斎藤茂吉: 杉浦明平著: パニック: 開高健著: なまけもの: 開高健著: 岸辺の祭り: 開高健著: 折れた劒: 小田実著: ある登攀: 小田実著 「難死」の思想: 小田実著: 平和の倫理と論理: 小田実著 「生きつづける」ということ: 小田実著: 付録: 転形期の. Amazonで杉浦 明平の戦後短歌論 (近代文芸評論叢書 (12))。アマゾンならポイント還元本が多数。杉浦 明平作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 2 形態: 422p ; 20cm 著者名: 高橋, 和巳シリーズ名: 戦後日本思想大系 ; 13 書誌ID: LB21001241. ^ 杉浦明平を読む, pp.

^ a b 明平さんのいる風景 1999, p. 『杉浦明平の世界:「みんぺーさん」の記憶と魅力』田原市博物館、田原市博物館、年。 6. 戦後短歌の光源 : 現代歌人論 評論集 フォーマット: 図書 責任表示: 菱川善夫著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 桜楓社, 1974 形態: 256p ; 22cm 著者名: 菱川, 善夫(1929-) 書誌ID: BN06780327. 小田切, 秀雄「杉浦明平著「現代日本の作家」」『文学』第24巻第12号、岩波書店、1956年12月。 4. ^ 杉浦明平の世界, p.

『ふるさとの偉人を訪ねる: 田原を築いた人々』田原市教育委員会、田原市教育委員会〈田原の文化財ガイド〉、年3月。 7. 複製版 Format: Book Responsibility: 杉浦明平著 Language: Japanese Published: 東京 : 日本図書センター, 1990. 杉浦, 明平. 丸山, 眞男『丸山眞男集』5、岩波書店、1995年。 3. 戦後、西荻窪に拠点があり、杉浦は荒の家をよく訪ねた。 世代論、知識人論で中野重治らと論争を交わした。 夏目漱石の研究でも知られ、1975年、漱石の生涯を調べた『漱石研究年表』で毎日芸術賞を受賞。. 戦後短歌論 フォーマット: 図書 責任表示: 杉浦 明平出版情報: 東京 : 日本図書センター 形態: 208,9p 著者名: 杉浦 明平シリーズ名: 近代文藝評論叢書 ; 12 書誌id: kb10177753.

戦後短歌論 - 杉浦明平 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 杉浦明平 杉浦明平の概要 ナビゲーションに移動検索に移動杉浦 明平誕生年6月9日 日本 愛知県渥美郡福江村(現田原市折立町)死没年3月14日(87歳没). 古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 8 形態: iv, 223p ; 18cm 著者名: 近藤, 芳美(1913-) シリーズ名: 岩波新書 ; 黄-348. 7 Book 俗と無常 : 徒然草の世界. 付録: 転形期の「小説」(柾木恭介), 杉浦明平の人と文学(荒正人), 告白的文学論(開高健), 無題の発想(小田実) 年譜: p424-433 著作目録: p434-435: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ハナダ キヨテル スギウラ ミンペイ カイコウ ケン オダ マコト シュウ: 著者名ヨミ:.

戦後短歌論 - 杉浦明平 書誌情報 責任表示: 杉浦明平 著 出版者: 影書房 出版年月日:. 『杉浦明平の眼:生誕一〇〇年』田原市博物館、田原市博物館、年。 9. 10 形態: 208,9p ; 22cm 著者名: 杉浦, 明平 シリーズ名: 近代文藝評論叢書 ; 12 書誌ID: BN05572685. 野間宏「杉浦明平著「ルネサンス文学研究」評」『未来』第2号、潮流社、1948年11月。 2.

杉浦明平著 (近代文藝評論叢書, 12) 日本図書センター, 1990. 1 Book 戦後短歌論. 杉浦明平, 深沢七郎の肖像あり 巻末作家論 : 杉浦明平 / 石田郁夫: p398-404 巻末作家論 : 深沢七郎 / 磯田光一: p405-410 年譜: p412-413: タイトルのヨミ、その他のヨミ: スギウラ ミンペイ ; フカザワ シチロウ: TTLL: jpn: 著者名ヨミ: スギウラ, ミンペイ フカザワ, シチ. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 杉浦明平の用語解説 - 生1913. 杉浦明平, 深沢七郎の肖像あり 巻末作家論 : 杉浦明平 / 石田郁夫: p398-404 巻末作家論 : 深沢七郎 / 磯田光一: p405-410 年譜: p412-413: Created Date:: Reading of Title: スギウラ ミンペイ ; フカザワ シチロウ: Reading of Author: スギウラ, ミンペイ フカザワ, シチロウ.

1913年(大正2年)愛知県 渥美郡 福江村(現在の田原市 折立町)で、小地主兼雑貨商の長男として生まれる。. 杉浦 明平(すぎうら みんぺい、1913年(大正2年)6月9日 - 年(平成13年)3月14日)は、日本の小説家、評論家。 出典: Wikipedia? 杉浦明平, 深沢七郎の肖像あり 巻末作家論 : 杉浦明平 / 石田郁夫: p398-404 巻末作家論 : 深沢七郎 / 磯田光一: p405-410 年譜: p412-413: 登録日:: タイトルのヨミ、その他のヨミ: スギウラ ミンペイ ; フカザワ シチロウ: 著者名ヨミ: スギウラ, ミンペイ. Bib: BNSubject: 日本文学 -- 歴史; 910. 1913年(大正2年)愛知県渥美郡福江村(現在の田原市折立町)で、小地主兼雑貨商の長男として生まれる。父の太平は、1963年(昭和38年)から1967年(昭和42年)に死去するまで渥美町長をつとめている。 1926年(大正15年)、愛知県豊橋中学校(現在の愛知県立時習館高等学校)を四年生修了で第一高等学校へ進学、1936年(昭和11年)東京帝国大学文学部国文学科卒業。一年下の後輩、立原道造と一高の短歌会で知り合い、共に1935年(昭和10年)同人誌「未成年」を発行。同人に寺田透、猪野謙二がいる。立原道造は、杉浦の郷里渥美の伊良湖を訪れた。立原が1939年(昭和14年)に24歳で死去した後に『立原道造全集』(全3巻、山本書店、1940年)を堀辰雄・生田勉等と編み、立原所有の蔵書整理を行った、後年には『立原道造詩集』(岩波文庫、1988年)を編集刊行した。 大学卒業後、出版社などに勤めながら、イタリア・ルネサンスの研究を続け、その成果は著書『ルネッサンス文学の研究』ほかに、『レオナルド・ダ・ヴィンチの手記』、『ルネサンス巷談集』、『ミケランジェロの手紙』翻訳や、児童文学では『ピノッキオの冒険』、『チポリーノの冒険』、『クオレ』などの訳著がある。 1944年(昭和19年)には帝国大学新聞編集員時代の友人田宮虎彦の妻子が杉浦の海岸の別宅に疎開に来ている。 第二次世界大戦中の1945年(昭和20年)4月、郷里に戻り、以後、2反5畝の農に親しみながら作家生活を送る。1946年(昭和21年)には郷里で短歌会の指導をはじめる。若い会員の中には後の日本共産党細胞の中核となった者もいた。1947年(昭和22年)、野間宏、丸山眞男、生田勉、寺田透、猪野謙二、瓜生忠夫などと「未来の会」を作り、翌年雑誌「未来」発行。1949年(昭和24年)野間宏らの推薦により日本共産党に入ったが、1961年(昭和36年)、第8回党大会に際して、野間宏・安部公房らとともに党の方針にそむく声明を出したとして、党員権停止の処分を受けた。 1952年(昭和27年)から福江町の公選教育委員、1955年(昭和30年)から渥美町の町議会議員(当選2回、1963年引退)をつとめるなど、地元の政治活動にも積極的に参加した。その時期に直接間接に見聞きしたことを元に、海苔養殖業者の利権争いと地域ボスの土着の実体をユーモアを. 杉浦明平, 深沢七郎の肖像あり 巻末作家論: 杉浦明平 / 石田郁夫: p398-404 巻末作家論: 深沢七郎 / 磯田光一: p405-410 年譜: p412-413: タイトルのヨミ、その他のヨミ: スギウラ ミンペイ ; フカザワ シチロウ: 著者名ヨミ: スギウラ, ミンペイ フカザワ, シチロウ. 10 複製版 タイトル読み. 複製版 フォーマット: 図書 責任表示: 杉浦明平著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本図書センター, 1990.

杉浦家の墓のある共同墓地 2. 藤枝, 静男「正確周到に尽された描写-杉浦明平「小説渡辺華山」」『群像』第27巻第2号、講談社、1972年2月。. 戦後短歌論 - 杉浦明平 センゴ タンカロン. 『立原道造と杉浦明平:往復書簡を中心として』宮本則子/編、立原道造記念館、年。 5. 平野, 栄久『杉浦明平論:定点を生きる』オリジン出版センター、1989年。 2.

戦後短歌論 - 杉浦明平

email: pivawyk@gmail.com - phone:(537) 839-5364 x 4799

【アウトレット本 50%オフ】 棒針編みの基礎 - やさしいUFO地名学 橋野昇一

-> ランジェ公爵夫人 - オノレ・ド・バルザック
-> 新・経営資源論 - 日本政策金融公庫

戦後短歌論 - 杉浦明平 - 池泉の庭 京都名庭 横山健蔵


Sitemap 1

行政書士のための特殊車両通行許可申請の説明書 - 佐久間行政書士事務所 - 新潟県公立高校 ヶ年分入試問題集